姿勢 直し方

姿勢の直し方

背筋がシャキッとしてあごを軽く引いた正しい姿勢においては、少しカーブした背骨が特徴で、骨盤がまっすぐの状態にあります。
あごの上がった且つ背中が曲がった正しくない姿勢では、骨盤の前側が浮き上がっており、背骨の曲がりが強くなっています。
姿勢の悪いままでいてしまうと、間違っているにもかかわらず筋肉が固定されてしまうため、癖と呼ばれるような形で残るのです。
そうなってしまうと、いつも悪い姿勢になるように筋肉が働くのです。
こうして付いてしまった癖は、悪い姿勢を直していかない限り筋肉がいつも固い状態になってしまうため、慢性的な肩こりが続くことになります。
これらの症状を改善させるために、姿勢が直るように考えられた体操を行ってみるのはどうでしょうか。
自分の体に無理のない体操からはじめるとよく、いつも継続することが理想です。
姿勢を直す簡単な体操として、壁を活用する体操があります。
壁から30cm離れ、壁に両手をつきましょう。
腰を反らせつつお腹を壁に押し当て、顔だけ横に向けた状態で20秒間静止という動作を10回繰り返し行います。
腰を反らしている間は息を吐いて、壁におなかを押し付けるときに3回程度の呼吸をします。
一人だけでの実行が困難であれば、手のひらを腰に当ててゆっくりと誰かに押してもらうといいでしょう。
運動に慣れたなら、さらに20cm離れてみます。
このような体操を継続していくなら、徐々に正しい姿勢に直すことが期待できます。