姿勢 足組

足組で姿勢が悪くなるの?

姿勢の悪さは、普段からごく普通に行っていることで気づいたときには当たり前になっていたというケースがよくあります。
姿勢を悪くしたいとは思っていなかったとしても、姿勢に悪影響を与える癖を続けていると、例を挙げると、足を組んでいることも、姿勢としてはよくありません。
足を組んで座ると、勝手に猫背になってしまいます。
右足を組んだ状態で座ると、骨盤の左側が下がることになり、背骨のラインが右に曲がる感じになります。
組む足がいつも同じなら骨の歪みを招くことになるため、姿勢のことを考えるならば直しておきたいものです。
いつの間にか行っていることに、同じ側の腕で荷物をもつ、字を書くときに上体をひねってしまうということがあります。
これらの習慣が続いていることも、正しい姿勢にとっては大変よくないことなので、直すことが不可欠です。
意外かもしれませんが、腕組みも姿勢に大いに関係しています。
無意識のうちに腕を組んでいると、猫背になってしまうことが多いのです。
背筋を伸ばしておなかを引っ込めた腕を組むときに正しい姿勢をイメージすることで、猫背を避けることができます。
女性によく見られる横座りですも、背骨に負担がかかり側湾を起こすので、直していきましょう。
いつも同じ方ばかりに横座りを続けて側湾がひどくなると、座る際にいつも同じ方向へ曲がる癖がつき、反対側の横座りができなくなってしまいます。
毎日の行動の中に正しい姿勢を妨げる習慣もありますので、意識して直していきましょう。