デスクワーク 姿勢

デスクワークと姿勢

悪い姿勢を直すことなくパソコン作業をしていると、肩の血流が不足しやすくなります。
血行の不良が蓄積されると、痛みが生じ、コリがひどくなってしまいます。
事務系でデスクワークが多い人は、入力時に肩が上がりやすくなったり、顔を前に突き出す形になるので姿勢の悪化を招きやすくなります。
この状況が習慣付いていると、慢性的なコリを解消するのは難しいといえるでしょう。
ですが、些細なことを意識しているだけで、悪い姿勢を直すことができます。
座る時間が長くても楽なように、足が床にかかとまで着くよう椅子を調節していきます。
それから、背すじがまっすぐ伸びているより良い姿勢に変わるためにバスタオルなどを腰に当てていきます。
腰部と椅子との間に何か調整物を挟むことで、キレイな姿勢を維持できます。
毎日のように座るはずの椅子で姿勢を正しい状態で維持するなら、姿勢は直っていきます。
もちろん初めはしんどいですが、徐々に慣れていきます。
またデスクワークが中心の職業に就いている人で、姿勢が正しい状態ではないと気付いたら、ストレッチで肩甲骨周辺の固まった筋肉をほぐしましょう。
肩甲骨のストレッチ運動に加えて顔がまっすぐになるようにあごを適度に引くよう意識するのも姿勢の悪さを直すのに最適です。