習慣 姿勢

姿勢の直すには、習慣の見直しから

姿勢の悪さを嘲る意味の言葉もあるほど、悪い姿勢は暗い印象を周囲に感じさせるので、すぐに直すことに取りかかりましょう。
姿勢を正しい状態に戻すため、当人の固い決意が重要です。
悪い姿勢は毎日の積み重ねで引き起こされるので、習慣などを見直してください。
悪い姿勢の人の大多数は、背中が丸まっていたり、首が前に出っ張っていたり、あるいは体が左右どちらかに曲がっているなど、身体のどこかのバランスが崩れています。
こうした歪んだ姿勢を直すには、首と肩甲骨を意識する必要があります。
この他に、まっすぐな背筋のためにお腹部分と背中部分の筋肉も意識するようにしてください。
背すじの伸びをイメージするときは、おなかと背中を近づけていくような感じをイメージしてみましょう。
正しい姿勢に直す運動は、まずあごを引きます。
肩が前に行かないようにイメージしながら肩を横に広げ、おへその形が縦につぶれるような感じでお腹全体を上にグッと持ち上げてみましょう。
正常な姿勢を保てていると、横から見た際に「耳・首・肩・腰椎の前部分・膝・くるぶし」が、一直線になるのです。
姿勢が悪くなった時に繰り返しこの動作を行なうと、徐々に姿勢が正しい状態になり、姿勢が悪い状態を直すことができるのです。
他にも、美しい姿勢で周りに好印象を与えるために、正しく歩くよう意識することも効果的な方法のひとつです。